これが日本自動車査定協会の取組の感想、所感

車の下取や買取の時には、必ず査定をしてもらうかと思います。査定とは、消費者から下取・買取時に適正な評価をするための処置であり、その為にはたくさんの人から納得され、その上合意された方法をしないとまずいのです。ただし、客側からしますと、値踏みがどうやってされているのか正確には知らなかったり、しっかりした仕方で作業されているのかは結構知ることが出来ないケースがほとんどです。ではありますが見積の方はお車の値段を決断するめちゃくちゃ重大な過程なので、やり方や考えにさまざまなものがあると世間がパニックとなる要因ともなってしまいます。

そういったパニックを発生させない為にも日本自動車査定協会という名の機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、適切な査定が浸透するように活動している協会であり、私たちが無事に鑑定に出すことができ、そのうえで満足のいく制度を構築する取り組みをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を育てるために資格試験を実施しており、査定協会が行っている学科さらには技法の研修というものを受けて、そうしてから査定士技能検定試験に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした知識や義務でもってお客さんの愛車の評定をおこないます。つまりはしっかりした査定を行う為の資格を保有する方が鑑定を実施しますので、客側も不安な思いをせずに下取または買取に持っていくことが可能となるのです。