これこそローンが残っている車の売却について

中古車の買取専業店に見積もりを依頼したはいいけど、支払いを残したままであるという事もあり得ますよね。そんなケースでは、売りたい中古車の所有者が自分自身なのか別の方であるのかを第一に見ておくことが求められます。

ホントのところ、持ち主に関して何を見ればいいのかと言えば、車検証に載っている名前の方がクルマの権利者となるのです。

マイカーを購入するタイミングで銀行などの割賦払いを設定された場合だと、この自動車検査証に記載されているお名前が自分自身の氏名になっていますが、ローンを組まれたのがクレジット系の会社だったケースではお名前がその信販会社の記載となるはずです。信販系で分割払いを組む場合なぜこういった形でクレジット会社を持ち主として記載しているかと言えば、その答えとしては月賦が滞ったりしたら、即お車を担保として確保できるようにするためです。

そうしたわけで所有権がクレジット会社にあるケースではそちらのクルマを勝手に売ることは出来ないのです。どうしても売却したいならとりあえず残債を完全に支払するかローンの設定し直しをすることで持ち主を貴方の名前に変えてから売却することが必要です。しかし、現実問題そういった事が可能なのは今持っているお金がいっぱいある時に限られてしまいます。ではキャッシュがないケースではどのようにしたら良いのでしょうか。

そういったケースでは買取査定を行ってもらった車買取ショップに事情を話すと、所有車の売値から残りの返済分をまかない、所有者を貴方自身の姓名に変えていただくことができるというワケです。手続きについてもすべて買い取りのお店に任せることが可能なので問題ありません。