これこそ中古車査定と事故車のことを考えてみた

古くなったユーズドカー売渡を頼んだ際には、まず最初に審査を受ける事になります。そうした時の鑑定は買い取りの専業店の人がすることとなり、ユースドカー市場の値段などから算定されるものとなります。

だいたい中古の車ということで売り出されている価格の2~3割程が売却額と言われているようですが、定評のある車であったり、珍しい車等のケースでは高値がでる時もあるでしょう。他にも、製造年が新しいほど高い金額となります。ただし、そうした見積価格はお車が万全な状態の場合であって、万全ではないときだとマイナスに査定されます。なかでも特に事故歴は買取プライスに相当関係してきます。

事故歴といっても定義は曖昧ですが、基本的にくるまの骨格であるフレームの部分までダメになるような事故を起こしてしまったくるまはこれに当てはまります。そのような事故車は将来的になにかしらの被害が出てくるリスクが有るため、買取り価格に関してはマイナスにされてしまいます。一方で、フレームの部分まで影響しておらず、ボディを修理したくらいであればならないですが、それでも事故歴はつきます。

もちろん修復歴はついてしまう訳なので負の害は有るものですが、事故車よりも低く査定されることは無いです。あと、エンジンや変速機などに問題が起こっている際にもマイナスに査定されますし、常日頃からの整備の状態が見積金額に関わってきます。

このへんは素人にはわからないところですが、審査をおこなっている買取ショップの方ではキチンとそのあたりもチェックしてきます。

どちらの場合でも修理歴が存在しないことが自分の車の査定をアップできるか否かの条件となります。