ついでに中古車を売る時の残債の感想、所感

クルマの買取ショップに見積もりを依頼したものの、残債を払いきれていないという事も無くはないでしょう。そんな場合は、売るつもりのお車の所有がご自身であるのか、別な人であるのかを取りあえず確認する事が必須です。

ホントのところ、所有者についてどの部分を見たら良いのかというと、「自動車検査証」に記載されているお名前の人がマイカーの権利者となります。

クルマを購入するときに銀行が提供している自動車ローンを組まれた場合は、こちらの自動車検査証に書かれている名前がご自分のお名前となっていますが、自動車ローンを設定されたのがクレジット会社だったケースでは名前がその信販会社の記載となっているのです。信販系でローンを組む場合に何故こんな風に信販会社を所有者として登録しているのかと言いますと、その理由は返済が滞った時に、すぐにマイカーを差し押さえて確保するためです。

このような事情から所有者名義が信販会社になっているケースではそちらのお車を好きなように売り払う事は無理なことです。それでも売りたいならとりあえず支払いを全部支払するか分割払いの設定し直しをすることで所有者を自分の名前に変更してから売却をする必要性が出てきます。しかし、実際問題そうしたことが可能なのがその時の手持ちの資産がいっぱいある場合に限られてしまいます。それではキャッシュが足りない方はどうすることが良いのでしょうか。

そんなケースでは評定をして下さったくるま買取ショップにご相談頂けますと、自動車の買取価格から残りの返済分をまかない、持ち主をご自身の姓名に直して貰うことができるという訳です。手続きについてもすべて買取店にオマカセ可能ですから問題ないです。