ついにきた、車買取、そしてリサイクル料について

中古車を売却する時の手順というと下取と買取が御座います。下取りのケースは新しいお車を手に入れる際、今までのくるまを買取して頂くというものです。主として新車の取扱店が引受けをすることになるため買取金額のほうはどっちかといえば低めになるケースが多いです。

他方、買取りのほうは自動車買取り専門の業者がするもので、ユーズドカーという名目で店頭に並べることを前提に引き受けのプライスを決定するため、どっちかというと高プライスの買取りが期待できるでしょう。どちらにしても自分のくるまのを売却することであり、売る前に引き取り金額を決定するための値踏みがおこなわれることとなります。

値踏みをしてもらう時に気に掛かるのが「リサイクル料」です。ユーズドカー値踏みで出してもらう金額というのはその自動車本体のプライス、くるまについてくるリサイクル料とか自賠責保険などいれた額の二種類があります。リサイクル料に関しては愛車を購入した場合、又はリサイクル料が未納だったケースでは車検の時支払いになりますので、のちにクルマを廃車にして処分する場合必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルする時の代金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体する場合JARSから支払されることになります。

費用はだいたい、軽自動車だと8千円ほど、国産車で10000円位、外車等だと約1万5千円、その他で2万円ぐらいをいれる必要が有ります。たいがいのくるま引受の場合、これらのリサイクル料を自動車の引受け金額とは他のものとして買取されることになるわけですが、リサイクル代金をいれて評定価格となってるケースもあり、引き取りを依頼する場合には先ずはチェックしておくのが大切です。