なんと!「車の買い取りとリサイクル料金」ってどうでしょう

自家用車を処分する際の手立てには下取と買取が存在します。下取の場合というのはおニューの自分のくるまのを手に入れると一緒に古いマイカーを買受していただくというものです。大概新車販売店が引取りをおこなうので買取金額はどっちかといえば低く見られるケースが多いです。

一方で買い取りのほうは中古車買取専門ショップがやっており、ユーズドカーとして売ることを予定して引受け金額を決めるので、どちらかといえば高目の買取が望めます。何れにしてもユースドカーを売る事であり、引き受けてもらう前に買取り金額を決定するための見積もりがされることとなります。

鑑定をして貰う際に気になるのはリサイクル料になります。くるま見積もりで示される金額としては自分のクルマのそれ自体の金額、自分の車のについてくる自賠責保険やリサイクル料等を含んだ値段の2種類がありますございます。「リサイクル料」は愛車を手に入れた場合、若しくはリサイクル料が未払いの場合ですと車検を受けたさいに支払いとなりますので、後に自家用車を廃車にして解体処分する時に必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為の料金ということで使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、処分する時に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

代金は大体、軽自動車なら8000円位、国産車の場合で1万円ほど、外車などで15000円程、そのほかで20000円程を入れる必要があったりします。だいたいの中古車買い取りであれば、こうした「リサイクル料」をくるまの引き受け価格とは他のものとして引き取りされることになる訳ですが、リサイクル料金を含んで引受額であるというケースもあり、買取りを依頼する時は先にチェックしておくのが大事です。