中古車の買受けというのは割賦払い完済前だったケースでも良いの?今一度チェック!

使った車の買取店に見立てをして頂いたものの、支払いを完済できていないなんて場合もあるでしょう。このような場合だと、その売ろうとする古い自動車の持ち主がご本人であるのか別の人であるのかをとにもかくにも把握しておく事が肝心です

実際に、所有者についてなにをチェックしたらわかるのかといいますと、車検証に記載のある名前がマイカーの持ち主となる訳です。

今の自動車を入手した時点で銀行などの分割払いを設定された時には、こちらの「自動車検査証」に載っているお名前がご自身のお名前となっていると思いますが、ローン支払いを組んだのがクレジット会社だった際ですとお名前がクレジット会社の記載になっています。信販会社で割賦契約を組む場合なぜこういった形で信販会社を所有権者として登録してるのかと言えば、その答えとしては支払いが滞ったりしたら、すぐにクルマを担保という形で確保できるようにするためです。

そんな事情から持ち主名義がローン会社にある場合はそちらのくるまを勝手に売り払う事は出来ません。とにかく売りたいなら先に返済を残らず支払するか月賦の組み替えをすることで持ち主をあなたの名前に変更した上で売却をする必要性が出てきます。とはいっても現実にそういったことができるのはその時点で持っているキャッシュが沢山ある場合に限られてしまいます。じゃあ資金がない時はどうすることがよろしいのでしょうか。

そのような場合は、評定をおこなってもらったクルマ買取ショップに訳を話せば、使った自動車の買取価格から残りの返済分を返済し、所有者の欄をご本人の姓名に直していただくことができるというワケです。手続きの方も完全に買取専業店にお任せできるので大丈夫です。