今日は中古車査定と必要書類

中古車を処分する場合における方法としては買取りや下取りというやり方が存在します。下取はおニューの自分の車を手に入れた際には、今迄乗っていた自動車を引き受けていただくというものです。そのクルマが乗車が問題ない自動車であれば値段がつきますが、中古な場合には逆に処分の為のお金を下さいと言われることさえあり得ます。

下取の場合は専門のお店が買い取るという事ではないので、希望するような値段での引受けは難しいでしょうけど、新しい車と取り替えるような形で乗り換えを可能であるという良い面があります。逆に買取りは、それ専門の自動車買取り業者にお願いして買い取りをしていただくものです。時期が難しいなどの良くない点も有るのですが、引受けされた愛車はユーズドカーとして流通されるのがもともと決定されていますので、思っていたよりも希望価格での譲渡が望めます。

下取、買取どちらでも譲渡の場合にはいろいろ書類をまずは用意することが必要となるでしょう。その必要書類ですが、車検証とくるまの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。そのほか実印と印鑑証明、住民票等も必要です。

買取りの場合は譲渡証明や委任状等も必要となるのですが、そのへんは買い取りの専門店にて準備してくれるはずです。譲渡を希望するコチラ側としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票そして印鑑証明を準備しておきましょう。査定の際もこれらがチェックが入るため、なくした時は再発行して頂くことが求められます。

無くても値踏みだけをしていただくことはできますが、即引取りは行えないので見積もり価格に何か影響が出ることになります。