今日は中古車見積もり時の必要書類について

自分のくるまを売り払いたいケースにおいてのやり方には買取りや下取り等の手続きが有ります。下取に関しては、新しい自分のクルマを買った場合には、古い中古車を引き受けて頂くというものです。それが走ることが出来る状態だとすれば買値がつきますが、とんでもなく古い場合だと反対に処分の為の費用を必要とされるケースだってあるでしょう。

下取の場合は専門ショップがおこなうという事ではない訳ですから、高価引受けは無理でしょうけど、次のお車と交換で乗り換えすることが可能といったメリットがあります。一方で買取はというと、それ専門のユーズドカー買取り業者にお願いして買取っていただくものです。そのタイミングがややこしいなどの短所も有るのですが、引取りされた車はユーズドカーとなって市場で取引されることがもともと前提ですので、割と望んだ金額での引取りが期待できるでしょう。

買取、下取どちらも手続きの時は様々な書類を準備することが必要です。必要書類の種類には車検証と車の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証があります。さらに印鑑証明と実印や、住民票等も必要です。

手続きのときには委任状や譲渡証明書も必要書類になりますが、それらに関しては買い取りの専門店で用意してくれます。引受けを頼むこちらとしては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票および印鑑証明書を準備しておきましょう。見積もり時もこれらについては確認されるため、なくしたときには再発行して頂く必要があります。

もしも無くしたとしても審査だけを受けることはできますが、すぐに引取りはおこなえないので査定額に悪い影響が出る可能性があります。