今日は買取・下取の査定について調べてみた

自分のくるまを売り払いたい際における方法としては下取や買取などの種類が有ります。下取に関しては、おニューのくるまを手に入れた際には、古い自動車を引き受けてくれるものです。まだ走ることが問題ない車であったら価格が付きますが、あまりにも古いくるまであった場合だと反対に廃車にするためのコストを請求されることもあり得ます。

下取りは専門のお店が買取りするという訳じゃないですから、望むような価格での売却は厳しいですが、おニューの中古車と交換をする形で乗り換えが可能といったいい面があります。その一方買取りは、専門の中古車買い取りの専門店に頼んで買取していただくものです。その手続きがややこしいといった良くない点も有るわけですが、引き受けられた自分の車は中古車となって市場に出回ることがもともと決まっている訳ですから、想像していたより高い値段での売却が望めます。

買取りにしても下取りにしても引き渡す時は必要な書類を前もって準備しておく必要があります。どういったものが必要なのかというと、自動車検査証と車の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証というものです。更に実印や印鑑証明、住民票等も必要です。

売却のときは譲渡証明や委任状も使用すると思いますが、これらに関しては買取専門ショップにて用意してくれると思います。手続きを望む側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印そして印鑑証明書を準備しておきましょう。審査の時もこれらを確認されるので、紛失の際はもう一度発行してもらうことが求められます。

もし無くした場合でも査定そのものだけをしていただくことはできるのですが、即手続きはできないため査定価格に悪い影響が出るでしょう。