例の車買取査定方法

古くなった所有車譲渡をお願いした際は、まずは審査を受ける事になります。その時の審査は買取専業店の査定担当者が行い、車市場の値段等から算出されることになります。

普通は古いくるまとして売られている金額の20~30%くらいが買取プライスと言われていますが、評判のクルマだったり、珍しい車種等のケースでは高い見積金額が出るといった場合もあるみたいです。ほかにも、年式が新しいほど高く売却できます。ただ、こういった買取額はお車がパーフェクトな状態の場合であって、完全じゃないケースだとマイナスに査定されます。その中でも事故歴等は見積価格に大きく響いてきます。

修理歴とは言っても定義があいまいですが、基本的に車両の基礎であるフレームの方にまでダメになるようなアクシデントを起こしてしまったお車は事故車扱いになります。この事故車はあとからなんらかのマイナスの影響が出るかもしれないという危うさが有りますので、見積価格に関しては短所とされてしまいます。ですが、フレームの部分にまで影響が及ばず、ボディを修繕した位だったらなりませんが、修理歴がついてしまいます。

もちろん修復歴がついてしまいますのでデメリットの被害は有るのですが、事故車より低い見積となることは無いです。あと、エンジンや変速機などに問題が出ているときにもマイナスに見られますし、日頃のメンテナンスの状況が買取の値段に影響されます。

このあたりは私たちには見分けはつかないのですが、審査をする買い取り専門店としてはきっちり状況を確認してくるでしょう。

どっちにしても修理歴が無いという事が自分のクルマの査定額を上げることができるかどうかの分かれ目となります。