話題の中古車査定と事故歴

古くなったマイカー売却を頼んだときには、一番初めに値踏みを受ける事になります。そうした時の鑑定は買取り業者の方がやり、ユースドカー市場の金額等から計算されることとなります。

普通はユースドカーということで売りに出されている価格の2~3割位が買取額とされていますが、売れ筋のくるまであったり、希少価値のある車である時には高値がつくケースもあるでしょう。また、年式は新しい方が高く売却できます。ただし、こうした買取額は車が万全な状態のケースであり、そうではない時には査定は厳しくなります。中でも特に事故車は査定に結構響いてきます。

修復の跡というのも定義があいまいですが、とりあえず自動車の本体であるフレームの部分まで跡を残すようなアクシデントを経験したお車はこれに当てはまります。そのような事故車はその後なにか悪い影響が出てくる危うさがあるため、買取プライスについては短所になるのです。その一方、フレームの部分にまで影響が無く、外装を修繕した程度ならならないのですが、でも修復歴は付いてしまいます。

もちろん修復歴がついてしまいますのでマイナスの害は有るわけですが、事故車より査定が低くなることはございません。その他、エンジンなどに問題が起きている場合にもマイナスとして鑑定されますし、常日頃からのメンテナンスの良し悪しが買取プライスに影響してきます。

そのへんは我々にはわからないところですが、見積もりを行っている買い取りの専門店ではシッカリそのあたりも見てくるでしょう。

いずれにしても修理歴としてはないことが中古車見積金額がアップできるかどうかの分かれ目となってきます。