話題沸騰!車買取、そしてリサイクル料について調べてみた

マイカーを売るときの手続きといえば下取、そして買取の2つが存在します。下取のケースというのは新しい自動車を買う時一緒にこれまでの自分のクルマのを買い取りして頂くというものです。主としては新車のディーラーが買取りをするため買い取り額はわりと低価格になるケースが多いです。

一方で買い取りのほうは古い車の買い取り専門店がしているもので、中古車という名目で店頭に陳列することを予定に引き取りの値段を決めるため、どっちかというと高プライスでの買取りが望めるでしょう。何れにしろ所有車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引受額を決めるための鑑定がおこなわれます。

査定をお願いする場合に気になるのがリサイクル料になります。お車鑑定で示される価格としてはそのユースドカーそのものの金額、ユーズドカーに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険などなど入れた金額の二種類が存在します。リサイクル料についてはマイカーを手に入れた時、もしくはリサイクル料が未払いだったケースでは車検を受けた際に支払われるもので、のちにくるまを廃車にして処分するケースで必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルする為の費用ということで使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまう際にJARSから払われることになります。

コストは、軽自動車だと8000円くらい、国産自動車で1万円くらい、外国の車等であれば1万5千円位、それ以外で約2万円ほどを入れる必要性がございます。たいていのユースドカー引き受けであれば、これらの「リサイクル料」をくるまの引き取り金額とは他として引受けされるというようなこととなる訳ですが、リサイクルの代金をいれて買い取り価格となってるケースもあり、引き取りをお願いする場合事前にチェックしておくことが大切です。